Belly Dance(ベリーダンス)とは…

 

ベリー(Belly)は腹部の意味

ベリーダンスはエジプト、トルコを中心に北アフリカや 西アジアで踊られている民族舞踊が洗練され発展した踊りです

現在は、中東およびその他のアラブ文化圏で発展したダンススタイルの総称として“ベリーダンス”と呼ばれています

“ベリーダンス”は造語

ピラミッドの壁画に描かれていることもあり世界最古の踊りと言われていますが、起源には諸説あり明確な歴史は不明です
 

一般的に耳にする“ベリーダンス”という名称は1893年のシカゴ万博時に作られた西洋の造語で、アラブ文化圏ではラクス・シャルキー(Raqs Sharqi=東方の踊り)、ラクス・バラディ(Raqs Baladi=民族舞踏)、オリエンタルダンスと呼ばれています

コアマッスルを刺激

身体をくねらす動きで妖艶なイメージがありますが

ダンスの一番の特徴は地面と水平の運動(円運動)

 

基礎動作は首、肩、胸、腰などの各部位をばらばらに動かすアイソレーション(分解運動)です

 

腹部を中心に骨盤を水平や垂直に動かす独特な動きは

​普段使うことのないコアの筋肉を刺激します

過去をリスペクトしながら進化する踊り

現在のベリーダンスはとても洗練されています

エジプシャンやターキッシュなどのオリエンタルスタイル以外にも、フォークロア(アラブ文化圏の民族舞踊)やトライバル系、ニューエイジ系などもあり、​ダンスアイテムも多種多様で踊る人も観る人も楽しめるダンスに進化しています

 

Belly Dance(ベリーダンス)がもたらす効果

ベリーダンスで見込まれる効果は骨盤まわりのインナーマッスルを使うことで、コアを内側から絞めて安定させることです
基本姿勢では骨盤底筋群を、ムーブメントの中では腸腰筋や多裂筋、ウエスト周りのメリハリをつけために必要な腹横筋や横隔膜など、女性らしいボディラインを作る上では欠かせない筋肉をたくさん使っています

“腰を振る”イメージの強いベリーダンスですが実は上半身の動きも多く、二の腕の引き締めやバストアップに効くムーブメントや姿勢を美しく保つためには欠かせない背中の筋肉もたくさん使っています

全身を使った適度な有酸素運動で新陳代謝を促して内臓脂肪を燃焼させ、インナーの強化を見込める女性におすすめのダンス​です

健康運動指導士・パーソナルトレーナー
​和田 佳那
個人差はありますが、肉体的な変化や効果に加えて精神面(メンタル)の変化も感じるようになる方が多いです
情報社会で人の目が気になる、つい他者と比べてしまいがちになる現代は“自分の為に生きる”という部分がおろそかになりがち
オリエンタルダンス(ベリーダンス)は身体も心も年齢も
『ありのままの自分を受け入れる』手助けになります
女性の持つ優しさ、柔らかさ
生命の力強さや個性の輝きが踊りを通して
内面からにじみ出る素敵な踊り
それがオリエンタルダンス(ベリーダンス)です
自分をすり減らしてしまいがちな現代女性が気持ちや心を解放できるようになるのも魅力です
Oriental Dancer
​Micah

Copyright © Mishkal All right reserved.